日々是研究 ~アトリエ・虹 人体と美術研究部ブログ~

人体の構造を学ぶことで画力アップをはかりたい人のためのブログ。共に学ぼう!!!

07 « 2017 / 08 » 09  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
このページの記事一覧
2011/06/13 Mon  18:35:29

 » 美術解剖学講座開催! 

松枝です。

ポーズが回を重ねるにつれて「見えにくく」なってきますね。

描き始めほど面白いものはないのですが、本当の意味での技術的な「のびしろ」はある程度描きこんでから埋めていくしかないような気がしています。

大学時代アメフト部の連中がベンチプレスをやっていたんですよね。

とりあえず限界まで一人でやるんですが、限界が来たら補助の人に手伝ってもらいながらプラス十回やってました。

この、限界を超えてからの十回が筋力を伸ばすのには大事なんだそうです。

次の回からはこの「十回」が、僕にとっての何処なのか見極めたいです。

IMG_0120_convert_20110613172048.jpg
IMG_0122_convert_20110613172205.jpg
IMG_0123_convert_20110613172243.jpg
IMG_0124_convert_20110613172315.jpg

昨日京都のアトリエ露樹絵からHIROさんをお招きした美術解剖学講座の第一回が開催されました。

HIROさんはアートに対しての、良い意味での熱っぽさを持った方で、机に座ってテキストと向き合うという従来の美術講義とは異なる実際にモデルさんに触れて人体構造を理解するという受講者参加型の講義は非常に刺激的でした。

技術的なことはもちろんなのですが、京都、東京、各国を股に駆けて活躍されるHIROさんを通じて世界の広がりというか、「遠く離れた国や地域で暮らす人々も、また、我々と同じように絵を描いている」という事実に今更ながら感動を覚え、思いを新たにする部分がありました。

次回は高見先生が教鞭を取られるとのことで、これまで意外に、デッサンやクロッキーでない高見先生の純粋な講義を受講する機会は無かったのでこれも楽しみですね。

»コメント

この記事へのコメント
HIROです、皆さんのエネルギーをボクももらって、刺激の有る時間でした。ありがとうございました。

あのあとすぐシンガポールに出てきましたが、こちらの人たちも悩んで描いてます。人が絵に立ち向かうのは、ホントにどこの国でも同じことですから、同じような仲間がたくさん居て、自分ひとりじゃない、と想像力で自分を勇気付けて上げて欲しいなと思ってます。そしてひとつ何か出来た自分を上手にほめて上げましょう。

次回お会いできるのを楽しみにしています。


2011/06/14 Tue 23:58:40 | URL | hiro | Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

»トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2jijintai.blog23.fc2.com/tb.php/158-2ff2645a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック