日々是研究 ~アトリエ・虹 人体と美術研究部ブログ~

人体の構造を学ぶことで画力アップをはかりたい人のためのブログ。共に学ぼう!!!

07 « 2017 / 08 » 09  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
このページの記事一覧
2011/02/04 Fri  00:01:04

 » 直接手から感じる感覚 

今回は画材について気づいたことを述べたいと思います。

第11回ワークショップでは、私は木炭を用いて描いています(写真一番下)。
木炭は特殊な画材で、直接描く以外に、
紙にのった木炭を指やガーゼで擦ってのばしたりもします。

この擦ってのばす作業の時、鉛筆や筆とは違う
何とも不思議な感覚が生じます。
それはあたかもモチーフを直接触っているかのような感覚です。

以前、デッサンをする際に「モチーフを触った感触をイメージして描きなさい。」と
言われたことがありました。

その時はあまり実感がわかなかったかったのですが
今回木炭を用いて感じた、画面の中のモチーフを撫でているような
感覚こそが、それに近いのではないかと私は考えました。

はたしてそれが正しいのか、そして、人によってどう感じるかは定かではありませんが
色々な画材を用いることは、新しい感覚への目覚めに大きく貢献しており
非常に大事なことであると思います。

会員 水野

今回の写真は会員の作品4点です。上2点が鉛筆、下2点が木炭。
member-t10201
member-ma110201
member-k110201
member-mi110201



»コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

»トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2jijintai.blog23.fc2.com/tb.php/133-e40a887e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック