日々是研究 ~アトリエ・虹 人体と美術研究部ブログ~

人体の構造を学ぶことで画力アップをはかりたい人のためのブログ。共に学ぼう!!!

05 « 2011 / 06 » 07  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
06月の記事一覧
2011/06/30 Thu  23:56:08

 » 男子中学生頭像彫塑制作ワークショップ開催決定 

2011年夏期特別企画
『男子中学生(2分の1)首像』彫塑制作ワークショップ 

αクレイ粘土を用いて、人物の首像を制作するワークショップ。
人体の構造を立体的に把握したり、デッサン力を養うのに適した講座です。
7/19、7/26、8/2、8/9、8/16、8/23、8/30 全7回
 
昼の部:14:00~17:00
夜の部:19:00~22:00
 
受講料 一般15,000円 学生12,000円(材料費、モデル代、講師料を含む)(要予約)

※単発参加(材料費1600円+各回毎の参加費)
 一般 1回2,500円(材料費別) 学生 1回2,000円(材料費別)
※デッサンのみの参加 一般1,500円 学生1,000円
※各回、昼夜どちらかに参加された方は、もう一方を\1,000で参加できます。
 
持ち物
手ぬぐい等(毛羽立たない)布、ビニール袋2枚程度、紐1メートル程度
粘土ヘラが有ればご持参下さい。
 
お問い合わせ先 mail: i_will_reborn@yahoo.co.jp 
         TEL: 090-6169-3381
         アトリエ虹 夜の部 連絡係 水野
2011/06/28 Tue  00:56:18

 » 21日の様子 

6月21日。
20110621_7.jpg
20110621_8.jpg20110621_1.jpg20110621_2.jpg20110621_3.jpg20110621_4.jpg20110621_5.jpg20110621_6.jpg

会員の藤田です。

全12回の女性セミ・ヌード固定ポーズ(立ち)も残り3回となりました。
ラストスパート!



2011/06/20 Mon  03:20:35

 »  

14日の皆さんの途中経過です。

110614-11
110614-10
110614-9
110614-8
110614-7
110614-6
110614-5
110614-4
110614-3
110614-2
110614-1

会員の藤田です。

人体解剖サイト「TEAMLAB BODY」が無料公開されました。
骨や筋肉を階層別に見たり、決まった動作ですが、骨や部分的な筋肉の動きも見れます。
body.jpg

「TEAMLAB BODY」のサイト
http://teamlabbody.com/3dnote-jp/
サイトの閲覧にはFlash Player、Unity Web Playerの導入が必要です。
ちなみに、読み込むのに何十秒~1分程度かかりました。

紹介記事はコチラ
3Dモーションによる人体解剖サイト「TEAMLAB BODY」が無料公開
http://www.rbbtoday.com/article/2011/06/14/77905.html
2011/06/13 Mon  18:35:29

 » 美術解剖学講座開催! 

松枝です。

ポーズが回を重ねるにつれて「見えにくく」なってきますね。

描き始めほど面白いものはないのですが、本当の意味での技術的な「のびしろ」はある程度描きこんでから埋めていくしかないような気がしています。

大学時代アメフト部の連中がベンチプレスをやっていたんですよね。

とりあえず限界まで一人でやるんですが、限界が来たら補助の人に手伝ってもらいながらプラス十回やってました。

この、限界を超えてからの十回が筋力を伸ばすのには大事なんだそうです。

次の回からはこの「十回」が、僕にとっての何処なのか見極めたいです。

IMG_0120_convert_20110613172048.jpg
IMG_0122_convert_20110613172205.jpg
IMG_0123_convert_20110613172243.jpg
IMG_0124_convert_20110613172315.jpg

昨日京都のアトリエ露樹絵からHIROさんをお招きした美術解剖学講座の第一回が開催されました。

HIROさんはアートに対しての、良い意味での熱っぽさを持った方で、机に座ってテキストと向き合うという従来の美術講義とは異なる実際にモデルさんに触れて人体構造を理解するという受講者参加型の講義は非常に刺激的でした。

技術的なことはもちろんなのですが、京都、東京、各国を股に駆けて活躍されるHIROさんを通じて世界の広がりというか、「遠く離れた国や地域で暮らす人々も、また、我々と同じように絵を描いている」という事実に今更ながら感動を覚え、思いを新たにする部分がありました。

次回は高見先生が教鞭を取られるとのことで、これまで意外に、デッサンやクロッキーでない高見先生の純粋な講義を受講する機会は無かったのでこれも楽しみですね。
2011/06/06 Mon  12:06:53

 » 六月! 

更新が遅くなってしまいました。

6月です。

今年ももう半分過ぎてしまいましたね。天気もはっきりしないし、昼夜の温度差も激しいので体調管理が難しいと思います。気を引き締めて頑張っていきましょう。

前回(5月31日)はフリー参加の方も多く盛況でした。

IMG_0112_convert_20110606112750.jpg
IMG_0113_convert_20110606112827.jpg
IMG_0114_convert_20110606112927.jpg
IMG_0115_convert_20110606113005.jpg
IMG_0116_convert_20110606113036.jpg
IMG_0117_convert_20110606113210.jpg
IMG_0119_convert_20110606113319.jpg
IMG_0110_convert_20110606112612.jpg
IMG_0111_convert_20110606112648[1]

今年の夏は個人的に「手」を集中的に勉強しようと思っています。

手は人体の数ある部位の中でもとりわけ関節が多く、実力の反映されやすい。小さい頃から「そういうことなんじゃないか」という「感」めいたものはあったものの、こうして絵に携わっていて改めてその切実さを感じます。

美術解剖学講座の開催も近づいてきておりますね。人体と美術研究部ともども盛り上げていきましょう。

松枝