日々是研究 ~アトリエ・虹 人体と美術研究部ブログ~

人体の構造を学ぶことで画力アップをはかりたい人のためのブログ。共に学ぼう!!!

02 « 2011 / 03 » 04  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
03月の記事一覧
2011/03/30 Wed  20:40:47

 » 疎開先でも元気です 

定例会の会場を武蔵野市民会館から三鷹のSTUDIO・t23に移しての活動の二回目です。

地震・津波・放射能。直接の被災者はもちろん、間接的にも多くの国民が困難に直面している中での文化活動の意味は?いつもにも増して真剣な空気がアトリエに漲っていたような気がします。

参加者の今日の成果です。

Workshop-11-110329-F.jpg

Workshop-11-110329-I.jpg

Workshop-11-110329-K.jpg

Workshop-11-110329-M.jpg

Workshop-11-110329-T.jpg
2011/03/29 Tue  13:29:08

 » 3/22活動再開 

場所を三鷹のアトリエSTUDIO・t23に移し、活動を再開致しました。
同一ポーズで視点を変えて描く人、そのまま継続する人など、
皆、工夫しながら描いていました。

震災により、日本は大変な状況になってしまいましたが
こんな時だからこそ我々は描き続け、人々に活気を与えて行けたらと思います。

会員 水野

画面をクリックすると、全体像が見られます。
夜の部110322

2011/03/21 Mon  06:06:14

 » 3/22以降の活動について 

※3/22以降の活動について

この度の震災に伴う節電のため、武蔵野市民会館を

使用することが困難になりました。

従いまして3/22以降の活動は、三鷹のアトリエ

STUDIO・t23( http://www1.linkclub.or.jp/~s-t23/ )にて行うことになりました。

参加中、もしくは参加をご検討されていた皆様には

ご迷惑をおかけして誠に申し訳ありません。



会場につきましてはこちらhttp://homepage.mac.com/s_t23/s-t23_map/index.htmlをご覧下さい。

時間や内容に大きな変更はございません。


なお、美術研究部ホームページは、更新された情報が画面に反映されるまで

時間がかかる場合があります。

そのため急な変更が皆様の目に届くのが遅れる可能性もあります。

開催情報等を確実に知りたい場合は

mixiのコミュニティ(mixiを閲覧可能な方)で確認する、

もしくは当ブログでの確認をよろしくお願い致します。


会員 水野
2011/03/15 Tue  09:42:55

 » 3/15の活動中止のお知らせ 

3/15の活動について

この度の震災に伴う停電のため、3/15の活動は中止とさせて頂きます。
誠に申し訳ありません。

次週以降の活動は通常通り行う予定ですが、
状況次第で変更が生じる場合もございます。
中止となった今回分の振替に関しては現在検討中です。
ご迷惑をおかけします。


また、当ブログにリンクしているホームページでは
更新された情報が画面に反映されるまで時間がかかる場合があります。
そのため急な変更が皆様の目に届くのが遅れる可能性もあります。

開催情報等を確実に知りたい方は
mixiのコミュニティhttp://mixi.jp/view_bbs.pl?id=60835172&comm_id=3832144
(mixiを閲覧可能な方)で確認する、
もしくは下記の連絡先までご連絡をよろしくお願い致します。

TEL: 090-6169-3381

アトリエ虹 夜の部 連絡係 水野
2011/03/14 Mon  22:37:03

 » 3/8の模様 

引き続き、3/8の模様を掲載します。

この日は、新規参加者が1名加わっての活動となりました。


新規参加の方の作品
tree-o110308


会員mさんの作品
ハッチングの方向について研究しているようです。
member-m110308


会員 水野
2011/03/14 Mon  22:27:14

 » 3/1の模様 

今回は、以前制作過程を紹介した
レギュラーメンバーkさんの完成作品を紹介致します。
member-k110301

全体的により深く描き込みが成されています。
また、本画像用に写真撮影した際、カメラのオートフォーカス機能が
作品の「顔」の部分に働きました。
これは、作品内の人物が、しっかり「人」として認識されるレベルまで
描き込まれているのだと私は考えております。

会員 水野