日々是研究 ~アトリエ・虹 人体と美術研究部ブログ~

人体の構造を学ぶことで画力アップをはかりたい人のためのブログ。共に学ぼう!!!

05 « 2009 / 06 » 07  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
06月の記事一覧
2009/06/26 Fri  23:57:20

 » アントワープ・ファッション展@東京オペラシティアートギャラリー 

会員の若宮です。

月岡芳年の展示を原宿で見た勢いで、初台まで足を延ばし行って来ました。
「アントワープファッション展」antwerp

ベルギーの小都市アントワープにはアントワープ王立アカデミーと言う学校があり、そこのファッション科は優秀なデザイナーを輩出して来ていることで有名です。

そこの歴代卒業生である、錚々たるデザイナーたちの作品を歴史を追って展示すると言うこと。
見逃せない!と意気込んで出掛けたわけです。

でも、ファッション初心者の僕には少々高度だったかも・・・
パリコレの写真など見ていても、一般の感覚では理解し難い、奇抜な衣装が多く見られますが、目の当たりにすると何とも言えないものがありますね。

「身体性」と言うのが一つのキーワードになるのだろうか?と言う気がしました。
自然の一部でありコントロール仕切れない、人間の体を如何に覆うのか、あるいは露出するのかと言うことが、共通のテーマなのかも知れない。

でも、絵画ばかりでなくこう言うのを見るのも刺激になっていいと思うよ?
展示は6月28日日曜日まで。
2009/06/24 Wed  13:41:03

 » いい加減書かないと・・・月岡芳年 

書かねば書かねばと思いながら、まだまだ会期あると思ってずるずる時間が過ぎてしまいました。


いい加減、書かねばなるまい。


今、原宿にある太田記念美術館では、月岡芳年の展示をしてます。

今回の展示は、なんと、月百姿、風俗三十二相シリーズ全作品&展示というなかなかの充実展示。前期5月1日~5月26日、後期6月2日~26日。
もうすぐ終わっちゃうので、慌てて記事かいてます。

勿論、前期後期両方いってきました!

芳年は、私が最も愛する浮世絵師。
何がいいって、あの鋭い構図ですよ。
触れるだけで血が出てきちゃうような鋭い刃物を連想してしまいます。そんな構図。

浮世絵って、なんかくすんだ古臭いイメージがあると思いますが、それは違います。
これを印刷物だとするならば、大変高度な印刷じゃないでしょうか?

カラ刷り(色をつけないで模様などをエンボス加工のようにする刷り)ほぼ全ての図版に入っているし(タイトルのところとか、着物とか)。
今回の展示では見づらかったが(ていうか、見えなかった・・・)キラ(雲母)が使用されている図版なんかは、絵にライトを当てるとキラキラと模様などが光って見えたりします。例えば真っ黒だと思ってたところが、実はキラで模様が描かれていたりだとか。それはそれは美しいです。

月岡芳年って言っても、ピンと来ない人も多いと思いますが、こんな絵の人↓
名古屋テレビ所蔵の芳年



芳年の画集

和漢百物語&新形二十六怪異
月百姿

↓芳年ってだあれ?ってな人には、コレが安価でオススメかな・・・
月百姿
絵は小さめだけど月百姿全図。安いので入門編にはいいかも


因みに、我が郷土にある島根県立古代歴史博物館にも収蔵されている。

スサノヲ VS ヤマタノオロチ
トップページ 

んで、このヤマタノオロチをスサノヲノミコトが退治する図は、この博物館で色々グッズになっている。
クリアファイルとかマウスパッドだとかマネークリップだとか。
芳年グッズは大変珍しいと思う。
勿論私も持っている!
クリアファイルは保存用と使用用で持ってますーー
是非島根に用事があった際はお立ち寄りをー!


んじゃ、もう出かけねばならないので、このへんで!!

芳年、いいでしょーーーーー!?
ファンが増えたら嬉しい!
というわけで、あと数日しか残ってないけど、芳年の展示、見に行ってくださーーーい!

以上、会員浅野でした